オフィスエス・アイ・ビーへの道★その5 とうとう家にパソコンが

仕事で毎日パソコンに触れるうちに、家にもパソコンがあったらなあ・・・という思いが募り始めました。パソコン通信にも、ものすごく興味がありました。

そんな欲望に負けてしまい、私はとうとう「マイパソコン」をゲットしたのです。コンパックのプレサリオという機種でした。OSはWindows95、メモリーは32MB。これだけあれば充分だった頃です。

しかし我が家にやってきたプレサリオ、初期不良品でした・・・。届くなり本体交換・・・。

私がパソコンを買ったころは、まだインターネットよりパソコン通信が主流でした。さっそくニフティサーブに入会し、ニフティマネージャーという専用ソフト(当時無料で配布していた)でアクセスするようになりました。

この頃に知り合ったメル友とはまだ交流があります。また、「パティオ」で知り合った人たちとも、未だにつながりがあります。

最新ファイルのダウンロードなども、このパソコン通信で初体験しました。

プレサリオは数年使用しましたが、知人宅に乞われて嫁入りしました。メモリーなども増やして、ずいぶん長い間使って頂いたようです。

2代目は中古の牛(ゲートウェイ)。この「牛」と私は相性が悪かった。どこにも何の異常もないのに、電話回線がつながりにくかったのです。結局半年ほどしか使わず、「ドナドナ」を歌いながらよそにもらわれていきました。

現在は3代目、NECのVALUESTAR NXです。いまだにWindows98 SEで頑張っています。


[←前へ] | [→次へ]

[↑このページの上へ]